月間リターンランキング−8

ランキングに参加開始しました


 月間リターンランキングの12月末現在での状況です。

 1位は 三菱UFJの三菱UFJ グローバル農業関連株式ファンド 『愛称 : ゴールデン・ハーベスト』 です。農業関連がいきなり一位になりました。

『愛称 : 水と大地とエネルギー』や三井住友・世界食糧関連ビジネスファンドも入ってきました。

 あと、やはり目立つのがインド関連です。中国に変わり結構出てくるようになりました

 変化の様子を見るために前回の 月間リターンランキング も参考にしてください。

 どうでしょう?


【月間リターンランキング】
順位 ファンド名 投信会社 月次リターン 基準価額(円)
1 三菱UFJ グローバル農業関連株式ファンド 『愛称 : ゴールデン・ハーベスト』 三菱UFJ 17.46% 11,079
2 HSBC インド株式ファンド(3カ月決算型) HSBC 17.04% 13,142
3 HSBC インドオープン HSBC 16.69% 36,676
4 日興AM 中国A株ファンド 『愛称 : 黄河』 日興 13.03% 44,793
5 日興AM 中国A株ファンド2 『愛称 : 黄河II』 日興 12.96% 48,567
6 CAりそな インドファンド 『愛称 : マハラジャ』 C・アグリコル 12.82% 10,322
7 シュローダー MENAファンド シュローダー 12.73% 12,113
8 BR・インド株ファンド ブラックロック 12.65% 20,836
9 PCA インド株式オープン PCA 12.65% 25,194
10 フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド 『愛称 : 水と大地とエネルギー』 フィデリティ 12.45% 10,548
11 新生・UTIインドファンド 新生 12.44% 14,288
12 新光 ピュア・インド株式ファンド 新光 12.39% 17,293
13 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド 三菱UFJ 12.08% 20,388
14 野村 インド株投資 野村 11.77% 31,374
15 PCA インド・インフラ株式ファンド PCA 11.75% 13,336
16 ドイチェ・インド株式ファンド ドイチェ 11.06% 18,551
17 インベスコ 欧州東方拡大株式ファンド インベスコ 10.99% 18,802
18 三井住友・世界食糧関連ビジネスファンド 三井住友 10.80% 13,626
19 JF インド株アクティブ・オープン JPモルガン 10.35% 21,397
20 三井住友・中国A株・香港株オープン 三井住友 10.02% 16,472

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング


3年トータルリターンランキング−9

ランキングに参加開始しました

 3年トータルリターンランキングの9回目です。

 12月末のランキングです。 1位はかわらず、JF チャイナ・アクティブ・オープンです。ほとんど変化はありません。あいかわらず、20のうち16はチャイナです。

 そして、あとの4はなんとインドです。チャイナとインドですべてになっています。まさに新興国が今はリターンが大きいことになるのですが、またリスクも高いかも知れませんね。

 前回の3年トータルリターンランキングも参考に見てください。

【3年トータルリターンランキング】
順位 ファンド名 投信会社 3年リターン 基準価額(円)
1 JF チャイナ・アクティブ・オープン JPモルガン 66.30% 44,746
2 フィデリティ・チャイナ・フォーカス フィデリティ 60.24% 42,131
3 SG 中国株ファンド 『愛称 : 悟空』 ソシエテ 58.22% 25,773
4 三井住友・メインランド・チャイナ・オープン 三井住友 57.00% 23,994
5 チャイナ・フロンティアオープン 三井住友 56.56% 37,650
6 DIAM 中国関連株オープン 『愛称 : チャイニーズ・エンジェル』 DIAM 55.12% 26,936
7 JF チャイナ・ファンド 『愛称 : 昇龍』 JPモルガン 55.09% 55,230
8 三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド 三井住友 54.46% 26,311
9 チャイナ騰飛(チャイナ・エクイティ) 大和住銀 51.13% 21,954
10 HSBC チャイナオープン HSBC 51.03% 50,207
11 チャイナ・ロード 『愛称 : 西遊記』 日本 50.73% 11,874
12 CA グラン・チャイナ・ファンド C・アグリコル 50.66% 12,506
13 住信 チャイナ・リサーチ・オープン 『愛称 : 孔明』 住信 50.35% 31,350
14 HSBC インドオープン HSBC 49.80% 36,676
15 三菱UFJ チャイナオープン 三菱UFJ 49.11% 18,396
16 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド 三菱UFJ 49.03% 20,388
17 野村 中国株ファンドBコース 野村 47.31% 37,950
18 ドイチェ・インド株式ファンド ドイチェ 46.92% 18,551
19 ダイワ・チャイナ・ファンド 大和 46.76% 24,261
20 PCA インド株式オープン PCA 44.54% 25,194

(出典 モーニングスター社WEB)


では

ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

商品ファンドランキング−1

ランキングに参加開始しました


商品ファンドランキングの11月末現在での状況です。

 サブプライム問題による株式の不安定さ、石油を代表とする原料の値段の上昇に伴い商品市場にお金が流れ込んでいるという報道がされています。

 そこで商品ファンドのランキングを見てみました。 運用資産残高では 「マイスタートラスト(岡藤商事)」、騰落率では 「四天王(プラチナ地金、世界先物型)(カネツ商事)が一位ですね。

 「商品新時代TM[ロジャーズ国際商品指数TM]」という、有名な投資家 ロジャースさん関連もあります。商品ファンドに興味がわきましたでしょうか?


【運用資産残高(千円)ランキング】
運用資産残高(千円)
1 マイスタートラスト 3,741,797

[岡藤商事]
2 よろずペンション・ファンドシリーズU 3,553,664

[ばんせい証券]
3 アセット トライ 3,526,289

[ ]
4 マイスターセレクト ゴールド 2,826,408

[岡藤商事]
5 マイスターセレクト 1,498,190

[岡藤商事]
6 アセット トライ プラス V 1,468,353

[ ]
7 アセット トライ プラス U 1,424,560

[ ]
8 マイスターセレクト 分配型 1,271,595

[岡藤商事]
9 商品新時代TM[ロジャーズ国際商品指数TM] 1,200,913

[三貴商事]
10 天翔 1,130,468

[カネツ商事]


【設定来年平均騰落率ランキング】
設定来年平均騰落率
1 四天王(プラチナ地金、世界先物型) 17.94%

[カネツ商事]
2 四天王(金地金、世界先物型) 13.68%

[カネツ商事]
3 天翔 12.19%

[カネツ商事]
4 アセット トライ 10.88%

[ ]
5 商品新時代TM[ロジャーズ国際商品指数TM]* 8.77%

[三貴商事]

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

総資産ランキング−9

ランキングに参加開始しました


 総資産ランキングの12月25日現在での状況です。

 ほとんど変更はありません。資産額が増加した投資信託もありますが、減少したものをあります。入り乱れている感じでしょうか。

 「ブンさん」 こと、りそな・世界資産分散ファンド 『愛称 : ブンさん』 の順位はかわらず11位です。

 参考に 前回の総資産ランキング と比較してみてください。

 購入するときの参考になるといいのですが。

【総資産ランキング】
順位 ファンド名 投信会社 純資産総額(百万円) 対全ファンド累計比(%)
1 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 国際 5,562,240 8.62
2 ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配) ピクテ 2,420,716 3.75
3 マイストーリー分配型(年6回)Bコース 野村 2,074,906 3.21
4 ダイワ・グローバル債券F(毎月分配型) 大和 1,659,313 2.57
5 財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月分配型 『愛称 : 財産3分法ファンド』 日興 1,242,671 1.93
6 DIAM 高格付インカム・オープン(毎月決算) 『愛称 : ハッピークローバー』 興銀第一ライフ 935,446 1.45
7 日経225連動型上場投資信託 野村 921,781 1.43
8 TOPIX連動型上場投資信託 野村 899,722 1.39
9 グローバル好配当株オープン 大和住銀 676,956 1.05
10 三菱UFJ 外国債券オープン(毎月分配型) 三菱UFJ 647,996 1
11 りそな・世界資産分散ファンド 『愛称 : ブンさん』 大和 617,016 0.96
12 上場インデックスファンドTOPIX 『愛称 : 上場TOPIX(JoJoTOPIX)』 日興 601,064 0.93
13 GW7つの卵 日興 535,371 0.83
14 グローバルREITオープン 野村 529,644 0.82
15 日興 スリートップ(隔月分配型) 日興 526,690 0.82
16 ピムコ ハイ・インカム毎月分配型ファンド 三菱UFJ 496,170 0.77
17 ダイワ 世界債券ファンド(毎月分配型) 『愛称 : ワールドプライム』 大和 484,949 0.75
18 ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配) 『愛称 : 杏の実』 大和 479,908 0.74
19 ニッセイ/パトナム・インカムオープン ニッセイ 463,695 0.72
20 野村 世界6資産分散投信(分配コース) 野村 438,431 0.68

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

週間増加額ランキング−8

ランキングに参加開始しました

 週間増加額ランキングの12月17日現在での状況です。

 今回も 野村 世界高金利通貨投信 が一位です。

 インド関連が多くなってきています。 中国からインドに変わってきているのでしょうか?

 世界のサイフなんていう投資信託もあるんですね。

 前回の 週間増加ランキング も見てくださいね。


【週間増加ランキング】
順位 ファンド名 投信会社 純資産総額(百万円) 前週比(百万円)
1 野村 新世界高金利通貨投信 野村 197,264 34,986
2 HSBC インドオープン HSBC 204,412 17,118
3 ダイワ 世界債券ファンド(毎月分配型) 『愛称 : ワールドプライム』 大和 467,689 13,416
4 ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配) ピクテ 2,435,348 13,034
5 PCA インド・インフラ株式ファンド PCA 185,269 11,396
6 世界のサイフ 日興 89,132 10,369
7 BR・インド株ファンド ブラックロック 138,445 7,642
8 ニッセイ 高金利国債券ファンド 『愛称 : スリーポイント』 ニッセイ 191,499 6,569
9 ニッセイ/パトナム・インカムオープン ニッセイ 461,854 5,482
10 新光 ピュア・インド株式ファンド 新光 136,481 4,963
11 HSBC ロシアオープン HSBC 41,560 4,911
12 日興・スパークス・アジア中東株式(隔月) スパークス 66,132 3,748
13 PCA 米国高利回り社債オープン PCA 306,940 3,635
14 野村 インド株投資 野村 174,701 3,519
15 エマージング・カレンシー・債券F(毎月分配) 新生 126,839 3,387
16 新生・UTIインドファンド 新生 59,597 3,298
17 PCA インド株式オープン PCA 195,625 2,993
18 グローバル新成長国オープン 『愛称 : グローバルネクスト』 ゴールドマン 63,307 2,841
19 GS ハイ・イールド・ボンド・ファンド ゴールドマン 194,058 2,677
20 野村 世界高金利通貨投信 野村 417,229 2,476

(出典 モーニングスター社WEB)

では

ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

月間リターンランキング−7

ランキングに参加開始しました


月間リターンランキングの11月末現在での状況です。

 1位は 野村の(野村ブル・ベア)日本スーパーベア5 です。債権関連がたくさん入ってきています。やはりサブプライム問題で株、為替がよくないせいで、債権関連が上昇したのではないでしょうか?

 やはり、分散は大切なのでしょうか?

 変化の様子を見るために 前回の月間リターンランキング も参考にしてください。

どうでしょう?

【月間リターンランキング】
順位 ファンド名 投信会社 月次リターン 基準価額(円)
1 (野村ブル・ベア)日本スーパーベア5 野村 10.48% 11,912
2 UMJ・カレンシー・テクニコ・ファンド フォルティス 8.94% 10,321
3 (野村ブル・ベアS3) 円高ドル安トレンド3 野村 6.96% 6,517
4 (野村ブル・ベアS3) 米国ベア3 野村 3.02% 7,444
5 アジアファンド・オブ・ファンズ連動型投信 『愛称 : アジアフォーカス』 みずほ 1.88% 11,629
6 しんきん/GS・グローバル債券ファンド ゴールドマン 1.46% 9,738
7 GS グローバル・ボンド・ファンド 『愛称 : 宝島グローバル・ボンド』 ゴールドマン 1.20% 9,661
8 GS・世界債券オープンA(野村SMA向け) ゴールドマン 1.20% 9,789
9 GS・世界債券オープンA(確定拠出年金向け) ゴールドマン 1.15% 10,589
10 シュローダー 月果美人 『愛称 : 月果美人』 シュローダー 1.14% 8,615
11 ゴールドマン・サックス・世界債券オープンA ゴールドマン 1.14% 9,344
12 グローバル・ボンド・ポートCコース 興銀第一ライフ 1.13% 9,401
13 農中 グローバル債券オープンAコース 農中全共連 1.13% 9,690
14 年金積立インデックスF海外債券(ヘッジ有) 『愛称 : DCインデックス海外債券(ヘッジあり)』 日興 0.94% 10,533
15 りそな・米国政府機関証券Fヘッジ有毎月決算 『愛称 : 毎月倶楽部』 ソシエテ 0.91% 8,771
16 ニッセイ 債券アロケーション ニッセイ 0.90% 9,771
17 (野村FWA) グローバル・アセット・モデル 野村 0.87% 10,037
18 物価連動国債ファンド(3カ月決算型) みずほ 0.75% 9,863
19 MHAM 物価連動国債ファンド 『愛称 : 未来予想』 みずほ 0.74% 10,267
20 (野村FW) 日本債券コース 野村 0.73% 10,186

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

3年トータルリターンランキング−8

ランキングに参加開始しました

 3年トータルリターンランキングの8回目です。

 11月末のランキングです。 1位はかわらず、JF チャイナ・アクティブ・オープンです。ほとんど変化はありません。あいかわらず、20のうち17はチャイナです。

 ただ気になるのは、すべて価額がさがり、リターンは減少しています。やはりサブプライム問題の影響が出ていますね。

 また、国内株関連はあいかわらずありません。

 前回の3年トータルリターンランキングも参考に見てください。

【3年トータルリターンランキング】
順位 ファンド名 投信会社 3年リターン 基準価額(円)
1 JF チャイナ・アクティブ・オープン JPモルガン 65.67% 44,058
2 フィデリティ・チャイナ・フォーカス フィデリティ 58.93% 40,743
3 SG 中国株ファンド 『愛称 : 悟空』 ソシエテ 58.05% 25,641
4 チャイナ・フロンティアオープン 三井住友 54.13% 36,105
5 JF チャイナ・ファンド 『愛称 : 昇龍』 JPモルガン 53.94% 53,893
6 三井住友・メインランド・チャイナ・オープン 三井住友 53.03% 22,340
7 DIAM 中国関連株オープン 『愛称 : チャイニーズ・エンジェル』 興銀第一ライフ 52.91% 26,412
8 三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド 三井住友 52.51% 25,490
9 チャイナ騰飛(チャイナ・エクイティ) 大和住銀 51.04% 21,692
10 CA グラン・チャイナ・ファンド C・アグリコル 50.83% 12,055
11 住信 チャイナ・リサーチ・オープン 『愛称 : 孔明』 住信 50.22% 31,065
12 HSBC チャイナオープン HSBC 49.84% 48,841
13 チャイナ・ロード 『愛称 : 西遊記』 日本 49.68% 11,638
14 HSBC インドオープン HSBC 48.48% 31,430
15 三菱UFJ チャイナオープン 三菱UFJ 47.96% 18,077
16 野村 中国株ファンドBコース 野村 47.65% 37,511
17 ダイワ・チャイナ・ファンド 大和 46.72% 26,800
18 チャイナオープン 野村 44.24% 26,994
19 PCA インド株式オープン PCA 43.65% 22,365
20 (オーロラII) トルコ投資F 野村 43.53% 21,441

(出典 モーニングスター社WEB)


では

ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

総資産ランキング−8

ランキングに参加開始しました


 総資産ランキングの11月26日現在での状況です。

 多少上下はありますが、大きな変更はありません。サブプライムのせいか、資産額はいずれも減少しています。20位に野村の 野村 世界6資産分散投信(分配コース)が入ってきています。

 「ブンさん」 こと、りそな・世界資産分散ファンド 『愛称 : ブンさん』 の順位は11位です。

 参考に 前回の総資産ランキング と比較してみてください。

 購入するときの参考になるといいのですが。

【総資産ランキング】
順位 ファンド名 投信会社 純資産総額(百万円) 対全ファンド累計比(%)
1 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 国際 5,454,785 8.81
2 ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配) ピクテ 2,367,359 3.83
3 マイストーリー分配型(年6回)Bコース 野村 2,009,423 3.25
4 ダイワ・グローバル債券F(毎月分配型) 大和 1,628,779 2.63
5 財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月分配型 『愛称 : 財産3分法ファンド』 日興 1,225,035 1.98
6 DIAM 高格付インカム・オープン(毎月決算) 『愛称 : ハッピークローバー』 興銀第一ライフ 893,456 1.44
7 日経225連動型上場投資信託 野村 890,929 1.44
8 TOPIX連動型上場投資信託 野村 879,987 1.42
9 三菱UFJ 外国債券オープン(毎月分配型) 三菱UFJ 637,156 1.03
10 グローバル好配当株オープン 大和住銀 626,730 1.01
11 りそな・世界資産分散ファンド 『愛称 : ブンさん』 大和 604,541 0.98
12 上場インデックスファンドTOPIX 『愛称 : 上場TOPIX(JoJoTOPIX)』 日興 589,036 0.95
13 グローバルREITオープン 野村 541,883 0.88
14 GW7つの卵 日興 529,839 0.86
15 日興 スリートップ(隔月分配型) 日興 503,792 0.81
16 ピムコ ハイ・インカム毎月分配型ファンド 三菱UFJ 473,595 0.77
17 ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配) 『愛称 : 杏の実』 大和 455,361 0.74
18 ニッセイ/パトナム・インカムオープン ニッセイ 449,452 0.73
19 ダイワ 世界債券ファンド(毎月分配型) 『愛称 : ワールドプライム』 大和 426,693 0.69
20 野村 世界6資産分散投信(分配コース) 野村 426,135 0.69

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

月間リターンランキング−6

ランキングに参加開始しました


月間リターンランキングの10月末現在での状況です。

 1位は スーパーグロース小型株オープン です。フォルティスという名の会社のようですが、私は、初めて聞く名前のため検索してみました。前のコメルツですね。

 なぜか、小型株関連が上位にきています。何かあったのでしょうか? あとは、やはり中国関連ですね。

 変化の様子を見るために 前回の月間リターンランキング も参考にしてください。

どうでしょう?

【月間リターンランキング】
順位 ファンド名 投信会社 月次リターン 基準価額(円)
1 スーパーグロース小型株オープン フォルティス 22.50% 5,967
2 SBI 小型成長株ファンドジェイクール 『愛称 : jcool』 SBIアセット 22.48% 5,422
3 エース新小型成長株オープン 『愛称 : グランドスラム・ジャパン』 フォルティス 22.19% 5,776
4 小型株ファンド 『愛称 : グローイング・アップ』 安田 22.06% 20,990
5 日興 グローイング・ベンチャーファンド 『愛称 : グローイング・ベンチャー』 日興 21.63% 16,351
6 PCA インド・インフラ株式ファンド PCA 21.17% 15,688
7 住信 中小型株式オープン 『愛称 : 投資満々』 住信 20.44% 11,182
8 住信 次世代ファンド 『愛称 : 次世代』 住信 19.50% 11,368
9 エンジェル・ファンド ドイチェ 19.35% 26,448
10 JF チャイナ・アクティブ・オープン JPモルガン 19.30% 53,743
11 ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド SBIアセット 19.29% 7,588
12 チャイナオープン 野村 18.38% 31,260
13 HSBC 中国株式ファンド(3カ月決算型) HSBC 18.11% 17,144
14 HSBC チャイナオープン HSBC 17.76% 61,135
15 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド 三菱UFJ 17.69% 19,433
16 フィデリティ・チャイナ・フォーカス フィデリティ 17.63% 49,398
17 CAりそな インドファンド 『愛称 : マハラジャ』 C・アグリコル 17.16% 14,725
18 住信 チャイナ・リサーチ・オープン 『愛称 : 孔明』 住信 17.12% 38,340
19 SG 中国株ファンド 『愛称 : 悟空』 ソシエテ 17.03% 40,549
20 CA グラン・チャイナ・ファンド C・アグリコル 16.82% 14,448

(出典 モーニングスター社WEB)


では


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング

週間増加額ランキング−7

ランキングに参加開始しました

 週間増加額ランキングの11月18日現在での状況です。

 今回も 野村 世界高金利通貨投信 が一位です。

 なんと、サブプライム問題での株への不安からか、金価格連動型上場投資信託 が3位にはいりました。

 CAりそな アジア資産分散ファンド 『愛称 : アジぶん』 が14位でかわらずです

 前回の 週間増加ランキング も見てくださいね。


【週間増加ランキング】
順位 ファンド名 投信会社 純資産総額(百万円) 前週比(百万円)
1 野村 世界高金利通貨投信 野村 428,297 41,215
2 シュローダー・ラテンアメリカ株投資 シュローダー 182,847 20,867
3 金価格連動型上場投資信託 野村 18,856 7,255
4 (ダイワFW)外国株式セレクトE 大和 4,960 4,960
5 グローバル新成長国オープン 『愛称 : グローバルネクスト』 ゴールドマン 44,939 3,868
6 (ダイワFW)日本債券セレクト 大和 3,405 3,405
7 (ダイワFW)日本株式セレクト 大和 3,144 3,144
8 世界資源株ファンド 三菱UFJ 53,742 3,102
9 (ダイワFW)外国債券セレクトE 大和 2,526 2,526
10 りそなハイグレード・ソブリンF(毎月決算) 大和 7,578 2,126
11 ダイワ 高金利通貨ファンド(毎月決算型) 『愛称 : 金利のチカラ』 大和 5,891 1,494
12 (ダイワFW)ヘッジファンドセレクト 大和 1,350 1,350
13 フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド 『愛称 : 水と大地とエネルギー』 フィデリティ 10,288 1,272
14 (ダイワFW)外国株式セレクト 大和 1,137 1,137
15 オークス・アジアCBファンド(SMA) フォルティス 1,917 998
16 (ダイワFW)外国REITセレクト 大和 965 965
17 グローバル・ボンド・ポートCコース 興銀第一ライフ 7,662 783
18 三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月) 三菱UFJ 10,408 765
19 (ダイワFW)コモディティセレクト 大和 744 744
20 三菱UFJ 新興国通貨建て債券F(毎月) 三菱UFJ 9,658 624

(出典 モーニングスター社WEB)

では

ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。