個人向け国債

ランキングに参加開始しました


個人向け国債は一番身近な債券だと思います。

以前に債券の値段に関する記事を書きましたが、個人向け国債も売買はできますが、基本は満期まで持っていることを前提とした金融商品だと思います。

個人向け国債は2種類あります。

−変動金利型、満期は10年
−固定金利型、満期は5年


固定金利型は金利はいいですが、将来預貯金の金利が上昇しても固定ですので上がりません。変動金利は金利の上昇にリンクする仕組みになっています。

現在のようにいずれにしても非常に金利が低い場合、将来の金利の上昇を期待するほうがいいような気もします。10年というレンジですがどうでしょうか?

いずれにしても将来のことは分からないですが、金利上昇は一応期待できます。ただ、上がるのに5年以上かかったら意味がなくなるかもしれません。

少し経済の勉強をしないといけないかもしれませんね。金利に興味を持つようになるので練習で少し持って見るのもいいかもしれません。


では。


ランキングに参加開始しました--->人気blogランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。